トップページ病院紹介 ⁄ 栄養サポートチーム(NST)・褥瘡ケアの取組み

栄養サポートチーム(NST)・褥瘡ケアの取組み

栄養サポートチーム(NST)・褥瘡ケアチームの活動

NSTと褥瘡ケアチームが連携し、褥瘡を保有する患者さん、褥瘡発生のリスクがある患者さんに対して、毎週、医師・看護師・薬剤師・作業療法士(または理学療法士)・臨床検査技師・管理栄養士がチームとなりカンファレンス、回診を行い栄養支援に努めております。

褥瘡ケアについては日頃からのケアと共に、月に一度、近隣病院から皮ふ・排泄ケア認定看護師の業務応援を得て、効果的な褥瘡ケアに努めております。
※主治医からの依頼がある場合に活動しています。

栄養サポートチーム(NST)・摂食嚥下チームの活動

摂食嚥下機能障害の患者さんに対して、月に1度、近隣病院から言語聴覚士の業務応援を得て、医師・作業療法士(または理学療法士)・看護師・管理栄養士がチームとなりカンファレンス、回診を行い栄養支援に努めております。

摂食嚥下機能評価、食事形態の調整などを行い、「口から食べる」お手伝いをしております。