トップページ部門紹介 ⁄ 薬剤科

薬剤科

薬剤科のご紹介

基本理念

医療の担い手として、医師、看護師、他のスタッフ等と共に、安全で良質な医療をめざします。

【基本方針】

病院の基本理念のもと

  1. チーム医療に基づき、患者様の視点で考え、適切な服薬指導に努めます。
  2. 医薬品の適正使用を目標に薬品情報提供に努めます。
  3. 安全で安心な医療を提供できるよう、日々の知識と技術の向上に努めます。

薬剤科スタッフ

薬剤師3名、薬剤助手1名の計4名で業務を行っています。

薬剤科の主な業務

調剤

処方せんに基づいて、お薬の飲み合わせ・用法・用量・副作用などをチェックして調剤します。また、患者さんごとに服用しやすい形になるよう、錠剤を粉砕するなどの工夫をしています。

注射薬調剤

注射処方せんに基づいて、投与量・投与方法や配合変化などをチェックして患者さん個人ごと・施用ごとにセットを行っています。

外来支援・外来患者指導

糖尿病薬のインスリンや骨粗鬆症薬の自己注射、血糖値の自己測定の手技、低血糖とその対処などについて説明・指導をしています。

病棟薬剤業務・薬剤管理指導

  • 各病棟に薬剤師を配置して、安全で有効な薬物治療が行われるように支援しています。
  • 入院患者さんの持参したお薬は全て薬剤師が鑑別を行って内容を確認し、医師を始めとする医療スタッフに情報提供を行っています。
  • 患者さんのベッドサイドへ直接伺って、お薬の薬効、服用方法、副作用、注意事項などを説明します。

薬品管理

院内で使用する医薬品を購入し、適正に在庫・品質管理をして各部門へ供給しています。

医薬品情報提供

医薬品の情報を収集・整理して、院内医療スタッフや患者さんへ情報提供しています。
患者さんからのご質問やご相談にも窓口にて対応しています。
お薬について、知りたいことや気がかりなことがあれば遠慮なくご相談ください。

チーム医療への参画

医療安全管理チーム、感染防止対策チーム(ICT)、栄養サポートチーム(NST)、摂食・褥瘡対策など院内の様々なチーム医療へ参加し活動しています。

院外処方について

当院では、外来の患者さんには原則として院外処方せんを発行しております。
地域の保険調剤薬局と連携を取りながら、より良い薬物療法を提供できるよう努めています。